競馬予想の桃さん

ゆるりと競馬予想。買わなければ当たる、買えばはずれる…(泣)

菊花賞 2017 予想 本命:アルアイン 【競馬予想の桃さん】

10/22(日)  京都11R  GⅠ菊花賞

  

"応援&いいね"  の意味で

下記のバナーを押してください!

目指せ150位!!!

よろしくお願いしますm(__)m


人気ブログランキング

 

  

Twitter フォローお願いします(*'▽')

競馬予想の桃さん (@keibayosou118) | Twitter

 

 

はてなブログ読者登録は下記バナーをクリック。

 

 

 

 

目次

 

 

 

☆コース傾向☆

 

f:id:keiba-yosou118:20171021044330p:plain

  

☆レース展開☆

<ミドルペース>

前に行きたい馬が多く、尚且つ雨予報ですので、前目のポジションを取りに来る馬もいると思います。

3000mという3歳馬にとっては未知の距離なので、前半はポジション取りのためペースが上がり、縦長の隊列になり、その後中間でペースがグッと落ちて、後半3コーナー付近からまたペースが上がる展開になると予想しています。

有利なのは、逃げ馬と先行馬の後ろくらいで、中段のやや前というポジションが、ちょうどよさそうな位置になりそうです。だいたい前から6頭目程度。

前半のハイペースでスタミナを消耗せず、中間のペースを落としたところで無理せず前に追いついて、3コーナー付近で前を捉えていくイメージです。

<展開〇 >

アルアイン、ダンビュライト、サトノクロニクル

<重馬場〇 >

ダンビュライト、ウインガナドル、アルアイン

<枠〇 >

ウインガナドル、クリンチャー、トリコロールブルー

     

    

🍑桃さんの印 予想🍑

 

 

f:id:keiba-yosou118:20171021031432p:plain

  

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

モチベーション維持のためランキングを

上げたいので、クリックお願いしますm(__)m


人気ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 

 

 

  

 

 

☆解説☆     

アルアイン

本命には皐月賞馬のアルアインです!

正直、距離が伸びていいタイプではありません。

それでも本命にしたのは、他のメンバーを見れば実力は一枚上かなという印象。

近年の菊花賞では、適性距離がマイル前後の馬でも馬券内に入っているので、実力があれば、上位にこれるレースです。

距離が長くてもこれるのは、3歳馬では未知の3000mという距離で、スローペースからのヨーイドンになりやすいので、距離がもたない馬でもこなせていると思っています。

外枠に入ったのはマイナス点ですが、今回はアルアインより前に行きたい馬が集まっているので、内枠で包まれるよりは、好きなポジションを取れる外枠でも大丈夫じゃないかな~と予想しています。後は、ルメール騎手がどこで内側にいれて、いかにリラックスして道中を周ってくるかが大事です。

掛かる馬ではないので、気性面はクリアしていて、後は雨の重馬場適性です。

重馬場適性は、2歳時の千両賞で全く苦にしておらず、その後のシンザン記念では重馬場で6着になっていますが、これは直線で不利があったもので、不利がなければ突き抜けていた手ごたえだったので、個人的には重馬場は対応できると考えています。

前走は、ミッキースワローに負けたのですが明らかに仕上げていなかったので、今回は上積みもありそうです!

皐月賞、ダービーと本命を打ち続けているので、今回もこの馬に託します!!

  

〇ダンビュライト

ルーラーシップ産駒のダンビュライト。

この馬も、アルアイン同様に距離が伸びて良さそうなタイプではなさそうなのですが、半兄にラブラドライトという長距離で活躍している馬がいるので、もしかしたらこなせるタイプかもしれませんが、現状の走りを見る限り、プラスではなさそうです。

この馬のいい所は、好位から長くいい脚を使えるところです。

さらに新馬戦の不良馬場で2着馬に5馬身突き放しており、続く稍重サウジアラビアRCでも2着に入っているように、重馬場は得意な分類になると思います。

長くいい脚が使える+重馬場適性有り+武豊

今回の菊花賞では、これだけ揃えば評価を上げておかないといけないでしょう!

もう少し内枠なら、本命まで考えたんですけどね・・・。

 

▲ベストアプローチ

青葉賞2着のベストアプローチ。

この馬の血統は、欧州血統なのでタフな馬場向きだと思います。

重馬場も、距離3000mもこなせそうな数少ない馬だったので、評価を上げました。

ダービー後4ヵ月の休み明けで出走した神戸新聞杯では、+10kgで出走してきており、明らかに休み明けという感じでした。

岩田騎手も一時の不振から脱した感じもあるので、人気もなさそうな今回は一発あるかもしれません!

 

トリコロールブルー

前走+32kgで1000万下を勝ったトリコロールブルー。

全部が成長分ではなく、少し太く見えました。今回はもう少し絞ってくると思います。

調教は、長距離を意識した内容になっており、仕上り具合もよさそうです。

ステイゴールド産駒ということもあって、距離、馬場もこなせそうで、内枠の馬の中では、これが一番可能性がありそうだったので、相手に選びました。

 

△サトノクロニクル

 

瞬発力勝負が得意な馬ではなく、エンジンのかかりが遅いので、時計の掛かりそうな今回はプラスになりそうです。

折り合い面は、そこまで掛かるタイプではないので、そこは問題なさそう。

サトノを買うなら、菊花賞に限ってはアーサーよりクロニクルかな~と思っています。  

 

△クリンチャー

薄い理由なのですが、この馬は自分のペースでいければ、なかなか崩れません。

これだけ前に行きたい馬が揃っていると、テンの遅いこの馬が逃げれることはないと思いますが、内枠に入ったので楽に3番手くらいはとれそうで、もし自分のペースで走れることがあれば、スタミナ&重馬場も心配ない馬なので、3000mの長丁場なら穴をあける可能性のある馬です!

  

 

残りの人気馬

キセキ、春のクラシックを休養にあて、プラス体重になりながら連勝してきて、前走で大幅マイナスを見る限り、前走はある程度仕上げてきている様子。今回はそこまで上積みはなさそうです。さらにルーラーシップ産駒ですが、重馬場はプラスにはならなさそうなタイプで、そこまで評価を上げませんでした。

ミッキースワロー菊花賞の過去データ的には、美浦所属は相当厳しいデータとなっています。この馬の前走をみる限り強い内容ではありましたが、前走で仕上げているので、今回上積みがなさそうなのと、坂のあるコースが得意っぽいのと、気性的に3000mは厳しそうなので、評価を下げています。

ウインガナドル、血統的に黄金配合と言われていた、父ステイゴールド、母父メジロマックイーンなので、オルフェーヴル&ゴールドシップと同じ配合です。

重馬場でも勝ちがあり、さらに内枠を引いたことで、人気になりそうです。

前に行きたい馬が多い中で、色々な馬にマークされてしまうことも予想されるなか、長距離&GⅠだと信頼感はあまりない津村騎手なので、そこは割引かなと思います。

人気程、信頼はなさそうですね・・・。

 

 

 

 

 ☆買い目☆

3連複 フォーメーション 27点

1頭目:16

2頭目:05,10,15

3頭目:02,04,05,08,10,11,12,13,14,15,17

 

富士ステークス 2017 予想 本命:ロードクエスト 【競馬予想の桃さん】

10/21(土)  東京11R  GⅢ富士S

  

"応援&いいね"  の意味で

下記のバナーを押してください!

目指せ150位!!!

よろしくお願いしますm(__)m


人気ブログランキング

 

  

Twitter フォローお願いします(*'▽')

競馬予想の桃さん (@keibayosou118) | Twitter

 

 

はてなブログ読者登録は下記バナーをクリック。

 

 

 

 

目次

 

 

 

☆コース傾向☆

 

f:id:keiba-yosou118:20171021011230p:plain

 

f:id:keiba-yosou118:20171021011928p:plain

 

☆レース展開☆

<スローペース>

何がなんでも前に行きたい馬が不在で、マイネルアウラート、ミュゼエイリアン、くらしか確実に先行する馬もいないメンバー構成で、その2頭も前半を飛ばすタイプではないことから、スローペース濃厚です。

スローペースからの瞬発力勝負と予想しますが、雨予報があるので、馬場状態は稍重~重を想定して、予想します。

<展開〇 >

エアスピネルイスラボニータ

<重馬場〇 >

ロードクエスト、グランシルク、クラリティシチー

    

    

🍑桃さんの印 予想🍑

 

f:id:keiba-yosou118:20171021010820p:plain

  

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

モチベーション維持のためランキングを

上げたいので、クリックお願いしますm(__)m


人気ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 

 

  

 

☆解説☆     

ロードクエスト

この馬はワンターンの左回りがベストコースだと思っているのと、重馬場適性があると考えているので、今回は天候&コースで評価を上げました。

馬場が重くなると有力馬はマイナスになりそうな馬が多いのは、この馬にとってはアドバンテージ!

スローペースの瞬発力勝負と予想しているので、ある程度の位置に付けれて、速い上がりの使える馬が有利なのでしょうが、人気になりそうなイスラボニータ&エアスピネルが先行するので、各馬はそれを目標にしてきます。

そうなると、漁夫の利的に後ろの馬がまとめて差すという展開になる可能性もあり、人気もなさそうなので、その少ない可能性にかけてみることにしました!

調教もしっかり動いており、仕上がり具合も問題なさそうです!

  

〇サトノアレス

朝日杯FSの勝ち馬で、1600mは2戦2勝です。

3歳時は、スプリングS皐月賞、巴賞、函館記念という1800~2000mを4戦使ってきましたが、結果を残せたのはスプリングS4着と、メンバーが弱かった巴賞のみです。

この馬のベストはマイルだと思っています。なので近4戦の内容で評価を下げることはありません。むしろ長い距離でよく頑張ってたな!という印象です。

右回りを中心に使われていますが、左回りの方が適性がありそうで、コーナーも少ないコースはこの馬にとって走りやすいはずです。

同じ3歳のペルシアンナイトが55kgを背負って、2歳とはいえGⅠを勝ったこの馬が54kgで出走できることは大きく、人気の面でもあまりなさそうなので、狙い目ではないでしょうか!

 

▲グランシルク

善戦マンのイメージがあったこの馬が、前走の京成杯AHでの勝ち方は衝撃でした。

中間あまり緩まないレースラップで、ラスト400mくらいから一気にスピードUPして、中山の短い直線で一気に差し切りました。

今までの、差してきて後一歩足りないレースを続けてきた馬が、あの差し切りは一皮むけたな~て感じですね!

今までと前走で変わったことは、騎手が乗り替わったことです。

よほど田辺騎手と息が合うのか、、、今回も乗り替わりなしで田辺騎手なので今回も期待しています。

 

イスラボニータ

左回りといえば、イスラボニータ!と勝手に思っています!

最近は、右回りでも結果を残していますが、2,3歳の時のイメージが残っているのか、左回りだとついつい買ってしまうんですよね^^;

実際左回りの成績(5,3,3,3)なので、得意なのは事実です!

前走の安田記念では、8着に負けてましたが、直線で前が壁になって、進路がなかったことを考えると着順程悪い内容ではありませんでした。

ここは、得意コースでGⅢなので、58kgを背負っても恥ずかしくない結果が欲しいところですが、今回は雨・・・・。

決して重い馬場が時なタイプでないので、少し評価を下げました。

 

 

 

残りの人気馬

エアスピネルの評価を下げているのは、重い馬場がプラスなタイプではなく、左回りより右回りの方が得意ということと、坂のあるコースより平坦コースでこその馬だと思うので、マイルCSでは狙いたいですが、ここじゃないような気がします。

ペルシアンナイトは、このメンバーに入っても人気になりそうですね。この馬のベスト距離はマイルであると思うので、クラシックでは頑張っている方だと思うのですが、皐月賞の2着は、騎手がうますぎたこともあるので、着順程評価はしていません。アーリントンCは強い勝ち方をしましたが、メンバーレベルが低かったです。

重馬場で走ったシンザン記念は3着でしたが馬場を気にしていたように見え、重馬場適性があるなら、あのメンバーでも突き抜けてもよかったのかな~と思っています。

人気程、信頼はなさそうですね・・・。

 

 

 

 ☆買い目☆

3連複 フォーメーション 13点

1頭目:08

2頭目:01,11

3頭目:01,02,04,05,06,11,13,15

 

菊花賞 2017 出走予定馬と予想オッズ 【競馬予想の桃さん】

10/22() 京都11R  GⅠ菊花賞

 

"応援&いいね"  の意味で

下記のバナーを押してください!

それを励みに、頑張っていきたいです(>_<)

よろしくお願いしますm(__)m


人気ブログランキング

 

 

はてなブログ読者登録は下記バナーをクリック。

 

 

Twitter フォローお願いします(*'▽')

競馬予想の桃さん (@keibayosou118) | Twitter

 

  目次

 

 

レース展望

京都で行われる、最後のクラシック、菊花賞(3000m)。

3歳馬にとって3000mは未知の距離ということもあって、スローになりやすく、マイラーでも好走することが多いレースです。

今年の出走予定馬には、皐月賞を制して唯一2冠を狙えるアルアインに、前走そのアルアインを差し切ったミッキースワロー、この夏最大の上がり馬キセキ、素質馬サトノアーサー、皐月賞3着のダンビュライトが、出走を予定しています。

最後の1冠を手にするのは、どの馬か・・・

それでは、出走予定馬を見ていきましょう。

  

 

 

☆出走予定馬 

 

f:id:keiba-yosou118:20171016215050p:plain

  

上位人気馬    

アルアイン

クラシック最初のレース皐月賞の勝ち馬、アルアイン

母が短距離馬ということで、常に距離不安が囁かれている馬です。

2000m以上の距離では、皐月賞ではスピードタイプの馬に向いた印象で、ダービーは超スロー、セントライト記念もスロー、どれもスタミナが必要なさそうなレースになっており、マイルくらいの馬でも好走できそうな条件でした。

胴が少し短いタイプで、長距離が向いているような馬体ではありません。

しかし、近年の菊花賞では、マイラーでも活躍できるような流れになっており、瞬発力勝負になれば、台頭しそうな一頭です。

さらに、出走予定馬を見れば、皐月、ダービーで上位にきた馬が少なく、ライバルの少ない状況なので、このメンバーなら実力は最上位だと思われます。

   

ミッキースワロー

セントライト記念で、皐月賞馬をあっさり差し切ったミッキースワロー。

春はクラシックとは無縁でしたが、セントライト記念を制して、最後の一冠は堂々と主役の一頭として出走できそうです。

今までに、3歳トップクラスの馬と走ったのはアルアインだけで、中堅どころが集まった京都新聞杯では5着、セントライト記念も明らかに叩き台の状態で出走してきたアルアインに勝っただけなので、まだまだトップクラスの力があるかわかりません。

さらに、美浦所属ということで、データ的には長距離輸送は相当マイナスなので、人気しそうな今回は危険かもしれません。

 

キセキ

神戸新聞杯2着からここに参戦する、キセキ。

2歳の新馬戦で、強い内容で勝ったことで、ダービー候補として名前が挙がっていた程の馬ですが、その後なかなか結果を出せず、春のクラシックは早々に諦めて、休養にあてました。

それが正解だったのか、休み明けの7月の500万下では、今までフラフラしていた最後の直線で、ブレずに真っすぐ走れるようになり、別馬のように成長していました。

その後の1000万下で、瞬発力勝負を上がるい32.9で差し切っての圧勝で、一気に菊花賞が見えてきました。

そこから神戸新聞杯、スローペースで前有利の中、後方4番手付近から差してきての2着は、内容のある一戦でした。

心配ごとは、休み明け後これが4戦目なので、使い詰めが少し心配です。

 

サトノアーサー

新馬の頃から、期待されていた素質馬サトノアーサー。

重賞には、今まで4戦出走して、GⅢ2着2回、GⅡ3着1回、GⅠダービーで10着と、なかなか勝ちきれていません。

いつも差しきれなく、前にいた馬に残られるパターンでしたが、前走の神戸新聞杯では、一転して前で進めて行っていたので、菊花賞を意識した内容でした。

脚質に幅がでたことはプラスです。

関西圏では、馬券内を外したことはありません。

 

ブレスジャーニー

2歳で重賞を2連勝した後、骨折が判明しおよそ11ヵ月ぶりに復帰します。

当時は、世代トップの実力があると思われていただけに、今回の復帰戦は注目です。

ただ、左回りしか経験がなく、距離も1800mまで、成長期に長期の休み明けなので、厳しいレースになりそうです。

休んでいる間に、美浦所属から、栗東所属に変わっており、輸送が少ないのはプラスでしょう。

骨折明けで3000mのGⅠは相当ハードルが高いですが、無事に走り切って欲しいですね。

 

 

 

 注目馬

 

現状の注目馬は、アルアイン です!

 

キセキアルアインで悩み中です。後はダンビュライトが気になります。

 

 

 

よろしければ読者登録お願い致します<(_ _)>

  

 

下記のバナーをクリックして頂けますと私のランキングが上がりますのでよろしくお願いします!(^^)!


人気ブログランキング

 

 

Twitter フォローお願いします(*'▽')

競馬予想の桃さん (@keibayosou118) | Twitter